1. Top
  2. » ヘッジファンドニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

クレディS出身者のヘッジファンド「素晴らしいアジア」、リターン20%

5月31日(ブルームバーグ):クレディ・スイス・グループの元トレーダーが運用しアジアに投資するファンドが今年1-4月に、プラス20%のリターンを上げた。

» 続きを読む

英マン、FRM買収へ-ファンド・オブ・ヘッジファンド強化

5月21日(ブルームバーグ):上場するヘッジファンド運用会社として世界最大手の英マン・グループは、約80億ドル(約6350億円)を運用するFRMホールディングスを買収することで合意した。

» 続きを読む

英マン:1-3月資産10億ドルの出超-現金収支懸念で株下落

5月1日(ブルームバーグ):上場ヘッジファンド運用会社として世界最大手の英マン・グループでは、顧客資産が今年1-3月(第1四半期)に10億ドル(約800億円)の純流出となった。またアナリスト予想を上回る従業員向け賞与などの経費が手元資金の減少につながった。

» 続きを読む

ゴールドマン、住宅ローン証券ファンド設定へ-市場改善予想

3月30日(ブルームバーグ):米ゴールドマン・サックス・グループは、不動産市場改善を好機と捉え、住宅ローン関連証券に投資する新ファンドの資金集めを進めている。

» 続きを読む

商品は有望な投資先、需要拡大で-ゴールドマンのハチアス氏

3月14日(ブルームバーグ):米ゴールドマン・サックス・グループのチーフエコノミスト、ジャン・ハチアス氏は商品について、良い投資先だとの見方を示した。

» 続きを読む

英マン・グループ:運用資産、1~2月は1.9%増の595億ドル

3月1日(ブルームバーグ):上場ヘッジファンド運用会社として世界最大手の英マン・グループでは、運用資産が今年1-2月に1.9%増えた。

» 続きを読む

小規模ヘッジファンドが資金引き付ける-大規模苦戦の中、機敏性発揮

2月17日(ブルームバーグ):リチャード・マラビグリア氏は1月にチューリヒやニューヨーク、シカゴ、マイアミへと飛んだ。自身が運用するヘッジファンドの資金2億5000万ドル(約200億円)を調達するためだ。

» 続きを読む

ヘッジファンド:1月の運用成績はプラス0.2%-世界的な株高が寄与

2月7日(ブルームバーグ):ヘッジファンドの1月の運用成績はプラス0.2%となった。米経済に成長加速の兆しが見えたほか、欧州首脳が債務危機解決に近づいたことで、世界の株式相場がこの18年で最も好調なスタートを切ったことが追い風となった。

» 続きを読む

ヘッジファンド:過去最高の5000億円を米石油精製業に投資

2月1日(ブルームバーグ):ヘッジファンドは過去最高の65億ドル(約5000億円)を米石油精製業に投資している。老朽化した製油所の閉鎖、シェール(頁岩層)からの原油抽出が活発化し北米産原油が以前より安く手に入るようになったことが背景。

» 続きを読む

投資家ビッグス氏:米国株への強気変わらず-「大幅上昇」の可能性

1月23日(ブルームバーグ):ヘッジファンド、トラクシス・パートナーズの創業者バートン・ビッグス氏は、欧州の債務危機をめぐって懸念はあるものの、米国株に対する強気な見方を維持していると述べた。

» 続きを読む

ヘッジファンド投資家、1億2700万ドル引き揚げ-昨年10~12月

1月19日(ブルームバーグ):投資家は昨年10-12月(第4四半期)にヘッジファンドから1億2700万ドル(約98億円)を引き揚げ、ヘッジファンド業界の資産は2兆100億ドルとなった。米調査会社ヘッジファンド・リサーチがデータをまとめた。

» 続きを読む

英マン・グループ:運用資産、10-12月に9.5%減-市場の混乱響く

1月18日(ブルームバーグ):世界最大の上場ヘッジファンド、英マン・グループの運用資産は昨年10-12月(第4四半期)に9.5%減少した。市場の混乱で投資の運用成績が損なわれ、顧客の資金引き揚げにつながった。

» 続きを読む

ヘッジファンド、12年に800億ドルの資金流入の可能性-バークレイズ

1月16日(ブルームバーグ):今年の世界のヘッジファンドへの資金流入は、約800億ドル(約6兆1500億円)に上る可能性がある。これは2007年以降で最大となる。英銀バークレイズがリポートで指摘した。

» 続きを読む

ヘッジファンド:2011年運用成績はマイナス4.9%、欧州危機が響く

1月5日(ブルームバーグ):昨年のヘッジファンドの運用成績は、マイナス4.9%のリターン(投資収益率)となった。

» 続きを読む

大手ヘッジファンド、ソブリン債取引でCDSから空売りに乗り換え

12月16日(ブルームバーグ):ギリシャ救済をシュールレアリズム(超現実主義)の絵画にたとえたヘッジファンド運用者デービッド・アインホーン氏は、ソブリン債売りのポジションを組み直した。同氏は政府当局が大手銀行を守ろうとする動きがリスクになると考えている。

» 続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。