1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 米国株式ニュース
  4. » 米国株:ダウ最高値、インターネット銘柄が反発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

米国株:ダウ最高値、インターネット銘柄が反発

5月9日(ブルームバーグ):米株式相場 は上昇。ダウ工業株30種平均は終値ベースでの過去最高値を更新した。
インターネット銘柄が4日ぶりに持ち直したほか、ギャップを中心に小売株が値上がりした。
グルーポンやリンクトインがインターネット株の上昇をけん引した。ギャップは3.3%高。
4月の売上高が予想外に増加したことが好感された。
シマンテックも値上がり。同社の売上高見通しはアナリスト予想を上回った。
一方、CBSは下落。四半期の売上高が予想に届かなかった。ラルフ・ローレンも安い。売上高見通しがアナリスト予想を下回った。

S&P500種株価指数 は0.2%高の1878.48。
ダウ工業株30種平均は32.37ドル(0.2%)高の16583.34ドルと、4月30日に記録した従来の終値ベース最高値を上回った。
ナスダック総合指数は0.5%上昇。小型株で構成するラッセル2000指数は0.9%上げた。

ファースト・アメリカン・トラスト(カリフォルニア州サンタアナ)の最高投資責任者(CIO)、ジェリー・ブラークマン氏は電話インタビューで、「市場は何とかして足場を見つけようとしている」と指摘。
「取引中に流れが変わるという展開は最近かなりよく見られる。それは方向性を探ろうとしていることの表れだ」と述べた。

S&P500種は週間ベースでは0.1%下落。
ナスダック総合指数 は1.3%安と、1カ月ぶりの大幅な下げとなった。


インターネット株

ダウ・インターネット総合指数はこの日、1.3%高と4日ぶりに上昇した。
同指数は週間では3.6%下落。ツイッターやグルーポンの下げがきつかった。

小型株のほか、フェイスブックやアマゾン・ドット・コムなどのインターネット株は、2カ月前に始まった下落局面のあおりを最も大きく受けている。
投資家は昨年の高パフォーマンス銘柄を手放す動きを進めた。ラッセル2000指数 は3月4日に最高値を記録して以降、8.4%下げている。業績と比較した株価の高さが警戒された。

S&P500種の業種別 10指数中、この日は6指数が上昇した。
選択的消費株やヘルスケア株指数が値上がり率上位を占めた。
テクノロジー株も高い。一方、公益株は値下がり率トップ。

グルーポンは7%高。昨年は142%上げていた。今年に入ってからは1月3日につけた高値から、一時56%下げている。
リンクトインは2.5%上昇。年初からは31%安。昨年は89%値上がりしていた。


ギャップが高い

ギャップは3.3%高。2-4月(第1四半期)の暫定集計によると、利益がアナリスト予想を上回った。
4月の売上高は「オールド・ネイビー」ブランドでの18%増にけん引された。

シマンテックは3.3%高。4-6月(第1四半期)売上高は16億5000万-16億9000万ドルとなる見通し。
ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は16億4000万ドルだった。

CBSは2.2%安。1-3月(第1四半期)の売上高は前年同期比4.6%減の38億6000万ドル。
アナリスト予想 は39億2000万ドルだった。広告収入が12%落ち込んだ。

ラルフ・ローレンは2.1%安。1-3月(第4四半期)の既存店売上高は2%減少した。寒冷な天候が影響したという。

<PR>
即日融資外貨MMF


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。