1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 米国株式ニュース
  4. » 米国株(2日):下落、ウクライナ情勢緊迫が雇用増を曇らす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

米国株(2日):下落、ウクライナ情勢緊迫が雇用増を曇らす

5月2日(ブルームバーグ):米株式相場は下落。一時は上昇し、S&P500種株価指数は終値の最高値を上回る場面もあった。
雇用者数が2年ぶりの大幅な伸びとなったものの、ウクライナ情勢緊迫化への懸念が強まった。
メルクやファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)を中心にヘルスケア株が安い。
リンクトインは8.4%値下がりした。同社の4-6月(第2四半期)売上高見通しはアナリストの予想に届かなかった。一方、カジノ株は上昇。マカオのカジノ収入が予想を上回ったことを好感した。

S&P500種株価指数 は前日比0.1%下げて1881.14。
一時は0.4%高となり、4月2日につけた終値ベースの最高値を上回った。
ダウ工業株30種平均は45.98ドル(0.3%)安の16512.89ドル。

ウェルズ・ファーゴ・ファンズ・マネジメントのチーフ株式ストラテジスト、ジョン・マンリー氏は「最終結果はニュートラルだが、雇用統計の明るい材料がウクライナ情勢をめぐる大きな懸念でかき消された形だ」と指摘。「ウクライナでは活発な動きがあり、それで市場はやや不安になっている。この問題はしばらくくすぶるだろう。すぐに解決するとは想定しにくいからだ」と述べた。

ウクライナは分離派武装勢力の拠点となっている同国東部の都市スラビャンスクを奪回するため装甲車と砲兵隊を派遣した。国境付近で武力を増強するロシアのプーチン大統領は撤収を求めたが、ウクライナは屈しない態度を示した。
アバコフ内相はフェイスブックで、武装勢力の排除と国際監視団の8人を含む人質の解放に向け、現地時間午前4時30分にウクライナ内務省の部隊を派遣したと明らかにした。国防省によれば、ウクライナ軍のヘリコプター2機が撃墜され操縦士2人が死亡した。


雇用統計

株式相場は雇用統計の発表を受けて上昇する場面もあった。
米労働省が発表した4月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比28万8000人増加。これは2012年1月以降で最大の伸び。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は21万8000人増だった。前月は20万3000人増に修正(速報19万2000人増)された。
家計調査に基づく失業率は6.3%で、これは08年9月以来の低水準。労働参加率の低下が影響した。前月の失業率は6.7%だった。

LPLファイナンシャル(サンディエゴ)の市場ストラテジスト、アンソニー・バレリ氏は「これは金融当局が緩和縮小を続けることを示唆するかなり強い統計だ」と指摘。
「冬の弱さが一部解消されていることを初めて強く確認するものだ」と述べた。
S&P500種の業種別10指数 中、6指数が下落。
公益株指数は2%値下がりした。素材株は上昇率トップだった。


ヘルスケア株が安い

ヘルスケア株指数は0.8%安。ファイザーは1.3%下落。英2位の医薬品メーカー、アストラゼネカはファイザーが買収提示額を631億ポンド(10兆9000億円)に引き上げたものの、拒否した。
将来性ある試験薬の価値が反映されていないとしている。メルクは2.4%、J&Jは1.2%いずれも下げた。

リンクトイン は8.4%安。4-6月期の売上高は5億-5億500万ドル(約511億-517億円)の見通し。
ブルームバーグが集計したデータでは、アナリストの予想平均は5億550万ドルとなっていた。
カジノ株は上昇。マカオの4月のカジノ収入は10.6%増と、アナリスト予想平均の7%増を上回った。
ウィン・リゾーツは7.3%高。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。