1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ヘッジファンドニュース
  4. » ヘッジファンド総合指数:4月は1.4%上昇-08年6月来の高水準

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

ヘッジファンド総合指数:4月は1.4%上昇-08年6月来の高水準

5月5日(ブルームバーグ):ブルームバーグがまとめるヘッジファンド総合指数は4月に1.4%上昇し、ほぼ3年ぶりの高水準に達した。
好決算に伴う株高や米連邦準備制度理事会 (FRB)が低金利による景気刺激を続けるとあらためて表明したことを反映した。

同指数は4月29日時点で127.99と、前月末の126.21から上昇。2008年6月以来の高水準となった。今年の上昇率も3.7%に拡大した。世界の景気動向に賭けるファンドやロング・ショート株式ファンド、マルチストラテジーを掲げるファンドが好調だった。

ヘッジファンド・投資家向けコンサルティング会社、エイジクロフト・パートナーズ(米バージニア州リッチモンド)のマネジングパートナー、ドン・スタインブルッゲ氏は、「ヘッジファンドに対し平均的な投資家はますます前向きになっている」と述べた。

世界株の指標、MSCI世界指数は4月に配当を含め4.3%上昇。米アップルや米モルガン・スタンレー、米3Mが市場予想を上回る利益を発表したことが相場を押し上げた。バーナンキFRB議長は先月、政策金利を「長期にわたり」低金利で維持するとの表明が意味するのは今後数回の米連邦公開市場委員会(FOMC)では恐らく利上げしないことを意味すると言明した。

ブルームバーグのヘッジファンド総合指数は時価総額による加重平均となっており、2772本のファンドのデータを追跡している。4月のリターンを報告したのはそのうち1356本。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。