1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 米国株式ニュース
  4. » 米国株:下落、テクノロジーなど安い-雇用統計控え様子見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

米国株:下落、テクノロジーなど安い-雇用統計控え様子見

4月3日(ブルームバーグ):米株式相場は下落。消費関連やテクノロジー銘柄が安い。
労働省は4日に3月の雇用統計を発表する。
ナスダック・バイオテクノロジー指数は4日ぶりに下落。
ナスダック総合指数は5日ぶりに下げた。書店チェーンのバーンズ・アンド・ノーブル(B&N)は大幅安。
リバティ・メディアが保有株を減らすと発表したことが嫌気された。

事実上の株式分割を行ったグーグルはクラスA株 、クラスC株 ともに値上がりした。
アナダルコ・ペトロリアムは急伸し、上場来高値となった。
環境汚染の訴訟で政府と和解したことが好感された。

S&P500種 株価指数は前日比0.1%安の1888.77。過去2日間は終値ベースで過去最高値を更新していた。
ダウ工業株30種平均 はこの日0.45ドル下げて16572.55ドル。ダウ平均はこの日、取引時間中の最高値を更新した。

バンヤン・パートナーズのチーフ市場ストラテジスト、ロバート・パブリク氏(ニューヨーク在勤)は「市場はなお前向きでいたいと考えており、明るい地合いを維持しているが、時折若干の抵抗はあるものだ」と指摘。
「誰も過去最高値で買いたくはない。今がその状況だ。市場参加者は若干慎重さを強めている。雇用統計の発表が近づいており、様子見モードになる」と述べた。


S&P500種

S&P500種は前日、4営業日続伸となり過去最高値1890.90に達した。
3月の民間雇用者数の伸びを受け、経済成長に対する楽観が強まった。
S&P500種は1-3月期に1.3%高と、5四半期連続での上昇となった。
株価収益率(PER、実績ベース)は17.4倍。ブルームバーグのデータによると、これは2010年以降で最高。また過去5年間の平均を11%上回る。

小型株で構成するラッセル2000種指数 は1%安と、5営業日ぶりに反落。
先週は3.5%下げていた。
この日発表された先週分の米新規失業保険申請件数は市場予想を上回った。
6カ月ぶり低水準だった前週からの増加となり、労働市場の改善が一様でないことを示した。


経済指標

米供給管理協会(ISM)が発表した3月の非製造業総合景況指数 は53.1と、4年ぶり低水準だった前月の51.6から上昇した。
ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値は53.5への上昇だった。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、4日発表の3月の雇用統計では雇用者の増加が見込まれている。
今年に入り、冬の悪天候の影響で雇用や製造業生産の指標で軟調な内容が続いていた。

ロベスコSAM(チューリヒ)のポートフォリオマネジャー、カイ・ファシンガー氏は「ネガティブな指標が出ても、現時点では市場はほとんど気に掛けないだろう。材料視されたとしても極めて短期間だ」と指摘。
「これは投資家が明らかに楽観的になっていることを示している。特にあすの雇用統計で良い数字が出れば、相場はさらに上昇する可能性がある」と述べた。
この日はS&P500種の業種別10指数 のうち4指数が下落。テクノロジーと選択的消費関連が特に下げた。
ナスダック・バイオテクノロジー指数は2.7%安。ここ1カ月での下げは11%に達した。

バーンズ・アンド・ノーブルは14%安の19.12ドル。
グーグルのクラスC株は0.5%高の569.74ドル。クラスA株は0.6%上げて571.50ドル。
アナダルコは15%高の99.02ドルだった。



機関投資家 運用資産規模資産運用失敗資産運用
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。