1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 米国株式ニュース
  4. » 米国株(21日):反落、S&P500種は日中の最高値を更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

米国株(21日):反落、S&P500種は日中の最高値を更新

3月21日(ブルームバーグ):米株式相場は反落。医薬品価格に関する政府の調査への警戒が広がる中、バイオテクノロジー株を中心に下げた。
朝方の取引では景気への楽観を背景に上昇し、S&P500種株価指数は日中の最高値を更新していた。

ギリアド・サイエンシズは4.6%下落。バイオジェン・アイデックは2008年以来の大幅安となった。
議会はギリアドに肝炎治療薬の価格設定方法について説明を求めた。
シマンテックも安い。
同社は最高経営責任者(CEO)を更迭した。
この日は株価指数や個別株の先物とオプション取引が期日を迎える「クアドルプル・ウィッチング」だったこともあり、米国全体の出来高は昨年6月以来の高水準となった。
スタイフェル・ニコラウスのファンドマネジャー、チャド・モーガンランダー氏は電話インタビューで、「ウィッチングだったことに加え、地政学的でも不透明感が続いている」と指摘。
「トレーダーは週末にかけてポジションの解消を余儀なくされた。こうした状況下だと不安定な動きになりやすい」と述べた。

S&P500種株価指数 は前日比0.3%安の1866.52ポイント。
一時は7日につけた日中の最高値1883.57を上回る場面もあった。
週間では1.4%上昇。ダウ工業株30種平均はこの日28.28ドル(0.2%)下落の16302.77ドル。一時は125ドル値上がりした。
S&P500種が今月に入って何度も上値を試して抜けられなかった水準に達した後、相場は下げに転じた。


楽観

S&P500種は前日、米連邦公開市場委員会(FOMC)会合を受けた19日の下げを取り戻していた。
イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は債券購入プログラムは今秋にも終了する可能性があり、その6カ月後にも政策金利を引き上げる可能性があるとの認識を示した。
前日は米景気先行指数やフィラデルフィア連銀製造業景況指数をきっかけに景気への楽観が強まり、来年半ばに利上げが始まるとの懸念を振り払った格好となっていた。
S&P500種の業種別 10指数中6指数が上昇。
特に公益株は堅調だった。一方ヘルスケアやテクノロジー株などは値下がりした。
ナスダックのバイオテクノロジー株指数は4.4%下げて、2011年10月以来の大幅安となった。
米下院民主党がギリアドに8万4000ドル(約860万円)のC型肝炎治療薬の価格設定方法について説明を求めたことがきっかけ。
ギリアドは4.6%安の72.07ドルと、昨年12月以来の安値。アレクション・ファーマスーティカルズは8%、バイオジェンは8.2%それぞれ下げて、いずれも08年以来の大幅下落となった。


シマンテックも安い

シマンテックは13%安。パソコン(PC)向けセキュリティーソフトウエアメーカー最大手の同社はスティーブ・ベネット社長兼CEOを就任後2年に満たずに更迭した。
同社は携帯端末へのシフトで苦戦している。


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。