1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ヘッジファンドニュース
  4. » ヘッジファンド投資家、1億2700万ドル引き揚げ-昨年10~12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

ヘッジファンド投資家、1億2700万ドル引き揚げ-昨年10~12月

1月19日(ブルームバーグ):投資家は昨年10-12月(第4四半期)にヘッジファンドから1億2700万ドル(約98億円)を引き揚げ、ヘッジファンド業界の資産は2兆100億ドルとなった。米調査会社ヘッジファンド・リサーチがデータをまとめた。
シカゴに本社を置く同社が19日発表した資料によれば、顧客が2011年を通じてヘッジファンドに預けた資金は差し引き707億ドル。ヘッジファンドマネジャーの運用成績は平均でマイナス5%だった。

純資本の70%余りが50億ドル超を運用するヘッジファンドに投じられた。投資家が比較的大きな運用会社の安定性を求めたことが背景だ。欧州ソブリン債危機の影響が世界の市場に広がったことで、ヘッジファンドの約60%から10-12月期に資金が引き揚げられた。

ヘッジファンド・リサーチのケネス・ハインツ社長は同日の説明会で、「11年は明らかに投資家にとって期待外れの1年だった。マクロ環境のこれまで見られなかった特性がファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)に基づく戦略にとって課題となった」と述べた。

マクロファンドへの10-12月期の預け入れは差し引き79億ドル。昨年1年間は279億ドル。投資家向けリターンはマイナス3.8%だった。市場の価格差から利益を得る相対価値アービトラージ戦略に基づくファンドが得た資金は10-12月期が59億ドル、年間では359億ドル。リターンはプラス0.5%だった。

株式ファンドからは10-12月期に86億ドルが引き揚げられ、年間の預け入れが差し引き22億ドルに減少した。ヘッジファンド業界の資産は昨年6月末がピークで2兆400億ドル。7-9月(第3四半期)には1兆9700億ドルに減っていた。


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。