1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ヘッジファンドニュース
  4. » 英マン・グループ:運用資産、10-12月に9.5%減-市場の混乱響く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

英マン・グループ:運用資産、10-12月に9.5%減-市場の混乱響く

1月18日(ブルームバーグ):世界最大の上場ヘッジファンド、英マン・グループの運用資産は昨年10-12月(第4四半期)に9.5%減少した。市場の混乱で投資の運用成績が損なわれ、顧客の資金引き揚げにつながった。
マンが18日発表した資料によれば、資金は昨年12月末時点で584億ドル(約4兆4800億円)と、3カ月前の654億ドルから減った。欧州ソブリン債危機で利益の上がる投資が減るとの見方から、顧客が同社のヘッジファンドから10-12月期に差し引き25億ドルを引き揚げた。2011年4-12月期の税引き前利益は1億9000万ドルとなった。

ピーター・クラーク最高経営責任者(CEO)は資料で、「11年後半はマンにとってトレーディング条件が厳しかった」と説明した。11年の配当は1株当たり22セント。同社の株価は昨年58%下げた。


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。