1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ヘッジファンドニュース
  4. » アジアのヘッジファンド資産、1800億ドルに拡大も-ユーリカヘッジ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

アジアのヘッジファンド資産、1800億ドルに拡大も-ユーリカヘッジ

8月24日(ブルームバーグ):アジアのヘッジファンド業界の運用資産は、向こう1年から1年半に総額で1800億ドル(約13兆8000億円)を超える可能性がある。
調査会社ユーリカヘッジが予想した。米国経済と欧州ソブリン債をめぐる問題が懸念される中、アジアの経済成長が投資家を引き付けるとみている。
ユーリカヘッジが電子メールで配布したリポートによると、アジアのヘッジファンドの運用資産は6月末現在で計1340億ドルと2000年初めの140億ドルから拡大。ヘッジファンド人気の高まりや同地域での規制緩和を背景に、ファンドの数は1235本と、2000年から8倍に増えた。
同社は、アジアの経済成長に乗じることを狙った投資家が資産の伸びを支えていると説明。同地域の運用資産の規模は世界全体の10%未満にとどまっているが、欧米の政治・経済環境が厳しいことや一部アジア諸国で税負担が軽減されたことにより、同地域のファンドには一段と資金が流入するとみている。
戦略別では、ロング・ショート株式ファンドがアジアのヘッジファンド全体の44%を占め、マルチストラテジーファンドが15%となっている。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。