1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ヘッジファンドニュース
  4. » ヘッジファンド指数:5月は0.4%低下-商品や株式相場の下落で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

ヘッジファンド指数:5月は0.4%低下-商品や株式相場の下落で

6月6日(ブルームバーグ):ヘッジファンド指数は5月に0.4%低下した。経済統計が不調だったことに加え欧州の債務危機への懸念が広がり、世界の商品や株式相場が下落したことが要因。
ブルームバーグの総合的なヘッジファンド指数は5月に126.34と、4月の126.85から低下した。ロング・ショート株式ファンドやマルチストラテジー・ファンド、世界の経済動向などに賭けるマクロ・ファンドが低下。商品などの先物を売買する商品取引顧問(CTA)は2.2%下げた。
ヘッジファンド・投資家向けコンサルティング会社、エイジクロフト・パートナーズ(米バージニア州)のマネジングパートナー、ドン・スタインブルッゲ氏は「投資戦略の面から見て大半のヘッジファンドにとって5月は非常に厳しい月だった」と指摘。「商品では悪化した割合がかなり大きかった」と述べた。
商品相場は5月に月間ベースとしては過去1年で最大の下げを示した。関係者2人が先月明らかにしたところによると、ブルーゴールド・キャピタル・マネジメント(ロンドン)の商品ヘッジファンドは、商品相場の急落を受け5月の第1週の運用成績がマイナス26%となった。同ファンドの運用資産は4月末時点で23億ドル(約1840億円)。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。