1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 米国株式ニュース
  4. » 米国株:S&P500種、最高値圏で変わらず-統計は強弱混在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

米国株:S&P500種、最高値圏で変わらず-統計は強弱混在

11月25日(ブルームバーグ):25日の米国株式市場ではS&P500種株価指数がほぼ変わらず。
前日は最高値を更新して終了した。
朝方発表された米実質国内総生産(GDP)改定値が速報値から上方修正された一方で、消費者信頼感指数は低下した。
高級宝飾メーカー、ティファニーは上昇。S&P500種株価指数の産業別10指数で選択的消費株は6日続伸し、最高値を更新した。エネルギー株は下落。ニューヨーク原油先物は石油輸出国機構(OPEC)の総会を控え、2010年9月以来の安値に下落した。

S&P500種株価指数 は前日比0.1%下げて2067.03。ダウ工業株30種平均は2.96ドル(0.1%未満)下げて17814.94ドルで終えた。  

ウィリアムズ・キャピタル・グループ(ニューヨーク)のプリンシパル兼株式トレーダー責任者、スティーブン・カール氏は「GDPなど一部経済統計の内容は良好だが、どれほど持続的かどうかは不明だ」と述べた。
GDP、消費者信頼感指数
米商務省が発表した7-9月(第3四半期)のGDP(季節調整済み、年率)改定値は前期比3.9%増と、速報値の3.5%増から上方修正された。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値は3.3%増だった。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した11月の消費者信頼感指数は88.7と、前月の94.1から低下した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は96だった。
JPモルガン・プライベート・バンクのブローバル投資スペシャリスト、エリック・ワイテナス氏は「投資家心理は恐らく楽観的だが慎重でもある。その一因は株価が大きく上昇してきたことだ。歓迎できるのは消費セクターが強いことだ」と述べた。    
S&P500種を構成する500社の株価収益率(PER、予想ベース)は17.2倍と、09年末以来の高水準となっている。前月は15.5倍だった。ブルームバーグがまとめた予想によると、S&P500種企業の今年の増益率は7.6%が見込まれている。
ブルームバーグがまとめたデータ によると、S&P500種採用企業のうち四半期決算を発表した企業の79%が市場予想を上回る利益を計上し、60%が予想以上の売上高だった。
シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX )はこの日、2.9%低下して12.25だった。 


ティファニー高い、アップルは下落

S&P500種産業別10指数 のうち5指数が上昇した。選択的消費株が0.2%と最大の上げ。エネルギー株は1.6%下落した。
ティファニーは2.5%上昇。アジア市場の8-10月期売上高は芳しくなかったものの、米州で予想を上回る売り上げとなったことが好感された。   

アップルは0.9%下落して取引を終了したものの、この日は一時1%上昇し時価総額が7000億ドル台に乗せ、世界最大の記録を自ら塗り替えた。

この日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比1.69ドル(2.2%)安の1バレル=74.09ドルで終了した。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。