1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 米国債ニュース
  4. » 米国債に破格の割安感、利回りはドイツより1ポイント超高い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

米国債に破格の割安感、利回りはドイツより1ポイント超高い

8月12日(ブルームバーグ): 米金利の速やかな上昇に賭けている債券投資家は、注意した方が良さそうだ。欧州債の利回り低下で、そのシナリオの信頼性はどんどん薄れていく。
確かに連邦公開市場委員会(FOMC)は前例のない景気刺激の引き揚げを計画してはいるが、欧州中央銀行(ECB)はまったく手を引く気配がない。中国人民銀と日銀のことも忘れてはならない。両国も借り入れコストを安くすることで成長を喚起しようとしている。

この環境は金利押し下げ競争を招く。だから利回り が過去10年間の平均を1.18ポイントも下回っていても、米国債は割安に見えるのだ。

10年物の米国債利回りは同年限のドイツ国債より約1.38ポイント高い。この差は1999年以来で最大となっている。2008年12月には米国債利回りがドイツ国債を0.9ポイント下回っていた。

さらに比較対象を広げると、米国債利回りは今や、失業率25%に苦しむスペインの国債利回りをわずか0.2ポイント下回るに過ぎない。スペイン国債利回りはこの10年間、米国債を平均して1.06ポイント上回って推移してきた。

ECBがこれまでに導入した非伝統的な景気刺激策と、追加刺激策への期待から、投資資金は景気低迷が続くユーロ圏のソブリン債に流入している。一方の米国では、依然として利回りは上昇すると予測されており、ブルームバーグがまとめたウォール街のアナリストの調査では、現在2.43%前後の10年債利回りは年末までに3.08%に上昇することになっている。10年物のドイツ国債利回りは1.05%だ。


それでも弱気相場を心配する投資家も

ウェルズ・ファーゴ・ファンズ・マネジメントのチーフ債券ストラテジスト、ジェームズ・コーチャン氏は今月、「米経済成長は緩やかな一方、国外ではほとんど成長が見られない。循環的な金利圧力が顕在化するような環境ではない」とリポートで指摘。国債と高格付け社債の利回りが安定している状況は「低金利が相当期間続くことをなおも示唆するファンダメンタルズを反映している」と解説した。

利回りに変化は見られないのに債券は弱気相場入りする時期が近付いていると、不安に思う投資家もいる。こうした投資家は金利上昇への反応が比較的鈍い証券を求める。ブルームバーグがまとめたデータによると、短期債に絞った上場投資信託(ETF)に流入した資金は今年88億ドル(約9000億円)を超え、前年から約9%増えた。

ETF「プロシェアーズ・ウルトラショート20年超国債」には今年、12億ドルの資金が流入。米国債に対する弱気な見方を映し出す同ETFの成績は、すべての米債券ETFの中で下から3番目にもかかわらず、資金を引き寄せている。

地政学的な不安材料や中央銀行による刺激策で投資利回りが押し下げられるため、こうしたETFのリターンが想定を下回る可能性がある。国外の債券に比べれば、米国債はそれほど価値が低いようには見えない。だからFOMCの政策に関係なく、実際の利回り上昇は限定される可能性がある。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。