1. Top
  2. » 2014/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

米国株:下落、対ロシア制裁嫌気-通信株中心に上げる場面も

7月29日(ブルームバーグ):米株式 相場は下落。
通信サービス株を中心に上昇する場面もあったが、オバマ米大統領が新たな対ロシア制裁を発表したため、売りが優勢になった。
大統領はウクライナでのロシアの行動が「数十年にわたる進歩を後退させている」と話した。

» 続きを読む

スポンサーサイト

ウォール街ジャンク債から逃げ足速めるツール-JPモルガンも

7月24日(ブルームバーグ):電話で取引が完結する流動性の低いジャンク(投機的格付け)債市場で、十分に素早い投資を行うことは不可能だ。
ジャンク債の投資家が直面する最大の問題の一つだが、ウォール街の銀行は、金融工学の力を借りて解決しようとしている。

» 続きを読む

米国株:上昇、CPI統計で-決算材料にコムキャスト高い

7月22日(ブルームバーグ):22日の米国株 は上昇。S&P500種株価指数は最高値に2ポイントと迫った。
米消費者物価の伸びに加速が見られなかったほか、予想を上回る四半期決算が好感された。

» 続きを読む

米国株(18日):反発、ウクライナ危機めぐる懸念和らぐ

7月18日(ブルームバーグ):米株式相場は反発。ウクライナや中東での危機をめぐる懸念が和らいだ。
グーグルは4-6月期の売上高がアナリスト予想を上回ったことを手掛かりに買われた。
S&P500種株価指数は前日、4月以降で最大の下げとなっていた。

» 続きを読む

米国株:下落、ボラティリティ指数は上昇-地政学リスク懸念

7月17日(ブルームバーグ):米株式相場は下落。
ウクライナと中東での緊張が高まる中でシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX)はここ1年余りで最大の上げとなった。

» 続きを読む

米国株(11日):反発、欧州金融を警戒もインターネット株好調

7月11日(ブルームバーグ):米株式相場は反発。
欧州の金融不安を警戒して下げていたが、午後に入ってアマゾン・ドット・コムやeベイなどのインターネット株のけん引で持ち直した。
S&P500種株価指数は週間ベースでは下落し、4月以来の大幅安。

» 続きを読む

米国株:上昇、企業決算や雇用の伸びを楽観

7月9日(ブルームバーグ):米株式相場は3日ぶり反発。企業決算や雇用の伸びに対する楽観が広がった。
連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録公表後には伸び悩む場面もあった。
議事録によると、一部の政策当局者は投資家が景気見通しに過度な安心感を抱いている可能性があると懸念を表明した。

» 続きを読む

米国株:続落、「深刻な」反落を警戒

7月8日(ブルームバーグ):米株式 相場は続落。ナスダック総合指数は2カ月ぶりの大幅下落となった。レイモンド・ジェイムズ・アンド・アソシエーツが株式相場が大きく下げる可能性を示したほか、シティグループも「深刻な」反落が警戒されていると指摘した。

» 続きを読む

米国株:過去最高値から下落、米利上げ時期をめぐる観測で

7月7日(ブルームバーグ):米株式 相場は先週記録した過去最高値から下落。
バリュエーションが注目されるなか、中小企業銘柄を中心に売りが出た。
市場では連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げ開始が従来予想よりも早くなるとの見方が広がっている。

» 続きを読む

米国株:ダウが1万7000ドルに接近、輸送株や小型株も最高値

7月1日(ブルームバーグ):米株式市場ではダウ工業株30種平均 が一時1万7000ドルにあと2ドル未満に迫った。
製造業の強さが背景にある。小型株や輸送株の指数も最高値を更新しており、チャート分析では強気を示唆している。

» 続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。